結婚指輪をリフォーム

結婚指輪のアレンジといえば、オリジナルのものを作るだけではなく、古い指輪をリフォームしてアレンジすることもできるのです。

例えば親族の形見や、先祖代々伝わる指輪など、思い入れの深い指輪はありませんか。そういった特別な指輪を自分の好みも組み合わせて、現代の形にデザインを直していきます。そうすることで思いの詰まったものを受け継いでいくことができると同時に、新しいものを購入するときよりも費用が抑えられるのです。リフォームは指輪から指輪だけではなく、ネックレスなどに使われている宝石を再利用できたりもします。

このリフォームの良いところは、前述したとおり安く作れて思いも受け継げるということと、全く新しいオリジナルデザインの指輪が楽しめることです。デメリットとしては、元あるデザインとは異なる出来上がりになるため、自分が期待していたものができるかどうかはわかりません。納得できなくても戻すことはできないので、信頼できる店選びが重要になります。打ち合わせも入念に行った方が、自分の希望に近いものが仕上がるでしょう。フルオーダーの結婚指輪よりもお得な上、既製品ではなくデザイン自体が世界で一つの指輪を作れるため、特別感は味わえると思います。

アレンジリングの作り方

ここではあるブライダルのジュエリーショップでアレンジリングをオーダーして出来上がるまでの流れをご紹介しましょう。

まずはデザインを選びます。指輪にダイヤを施す場合は、その指輪に相応しいダイヤを様々な大きさや品質の中から選んでいきます。質のいいダイヤであれば、二人が歩んでゆく長い間も輝きを絶やさずに保ち続けるでしょう。また指輪の素材やダイヤなどのカスタマイズも受け付けてもらえます。こだわりがあれば注文してみましょう。ちなみに、結婚指輪情報サイトの“ガラ おかちまち”でも、アレンジリングを作成しています。世界に一つの個性的なリングを作ることも可能です。

ガラ OKACHIMACHIでは、デザイナーが常駐しお客様のご要望にいつでもお応えいたします。
おふたりの思いをデザインに描き、デザイン画をもとに熟練した職人が美しいフォルムに作り上げます。

デザインが決まれば、指輪のサイズを測っていきます。測定する時間帯によって、指のコンディションが違ってくるため、ずっと身につけるものを多くのシーンを想定して慎重にサイズを測ります。また中指と小指に接触するので付け心地にもこだわった加工を施していきます。

そうして情報が職人の元へ運ばれオリジナルの指輪が作られていきます。アフターサービスも行っており、指輪のサイズ直しやクリーニングなどを受け付けています。また誕生日や出産などの記念日にあわせて、リングの裏に文字を彫ったり宝石を埋めたりと、新たな加工やアレンジも施してくれます。結婚してからも、結婚指輪は更に進化できるのです。

ミルグレイン

前述で紹介したアレンジデザインの他にも、ミルグレインというアレンジがお勧めです。ここではミルグレインについてご紹介しましょう。

ミルグレインとはミル打ちとも言われ、結婚指輪のふちに施すアレンジです。ふちのデザインだけで、指輪全体のデザインを引き締める効果があります。ミルグレインは、丸い打刻模様をリングのふちにつけていきます。これは永遠の幸せを願った模様でもあります。これを施すことで、指輪に飾りがなくても十分華やかに魅せてくれますし、存在感も際立ちます。

もともとはフランスのジュエリーアクセサリーに取り入れられたり、およそ19世紀のイギリス貴族たちの装飾品にも用いられていた歴史の深い技法であり、それを施すにも熟練の技がいるものでした。ミルグレインを施すことで、光が反射しやすくなり、より輝いて見えるのです。そして今ではアンティークジュエリーにも多く見受けられます。

しかしミルグレインは指輪の表面に凹凸を作ってしまうため、普段つけているとその凹凸に汚れが溜まってしまうこともあります。綺麗なまま使い続けるには、ときどき指輪の手入れをすることも大事です。乾いている柔らかめの布で拭くだけで簡単に汚れは落ちます。

結婚指輪をアレンジ

結婚するにあたって必要になってくる結婚指輪。デザインだけでも数え切れないほどありますが、一生残るものですし世界に一つの自分だけの結婚指輪だと素敵ですよね。一般的なデザインの指輪にも、少しアレンジを加えるだけで世界に一つのオリジナルの指輪を作れたりします。

定番なのは、リングの裏に彫りを入れること。多いのはお互いの名前や記念日の日付を入れたりしますよね。他にも子供を授かっている夫婦であれば子供の名前を刻んだり、パートナーへ送るメッセージを刻んだりします。また文字だけではなく、模様やお花などのデザインを彫ってもらうことも。店舗によっては、無料で掘ってくれるところもあるので嬉しいですね。

またリングの裏側にはメッセージの変わりに刻印ではなく小さな宝石を埋め込むアレンジも人気になっています。はめてしまえば見えない部分ではありますが、ふと外した時に見える宝石は美しく可愛らしいデザインです。多く使われるのがブルーサファイヤ。これは花嫁が結婚式に青いものを身につけるおまじないで、このサファイヤをお互い指輪に飾ることで幸せになれるといわれています。

婚約指輪にはダイヤがあしらわれているものが多いですが、普段身につける結婚指輪にはプラチナなどでシンプルなデザインのものが多く、装飾品はあまり見受けられません。そこでそのシンプルな指輪に小さなダイヤモンドを飾るアレンジもお勧めです。ダイヤが付いている結婚指輪は簡単に外れてしまわないように配慮されています。そのため普段の生活で取れてしまうということはないでしょう。