アレンジリングの作り方

ここではあるブライダルのジュエリーショップでアレンジリングをオーダーして出来上がるまでの流れをご紹介しましょう。

まずはデザインを選びます。指輪にダイヤを施す場合は、その指輪に相応しいダイヤを様々な大きさや品質の中から選んでいきます。質のいいダイヤであれば、二人が歩んでゆく長い間も輝きを絶やさずに保ち続けるでしょう。また指輪の素材やダイヤなどのカスタマイズも受け付けてもらえます。こだわりがあれば注文してみましょう。ちなみに、結婚指輪情報サイトの“ガラ おかちまち”でも、アレンジリングを作成しています。世界に一つの個性的なリングを作ることも可能です。

ガラ OKACHIMACHIでは、デザイナーが常駐しお客様のご要望にいつでもお応えいたします。
おふたりの思いをデザインに描き、デザイン画をもとに熟練した職人が美しいフォルムに作り上げます。

デザインが決まれば、指輪のサイズを測っていきます。測定する時間帯によって、指のコンディションが違ってくるため、ずっと身につけるものを多くのシーンを想定して慎重にサイズを測ります。また中指と小指に接触するので付け心地にもこだわった加工を施していきます。

そうして情報が職人の元へ運ばれオリジナルの指輪が作られていきます。アフターサービスも行っており、指輪のサイズ直しやクリーニングなどを受け付けています。また誕生日や出産などの記念日にあわせて、リングの裏に文字を彫ったり宝石を埋めたりと、新たな加工やアレンジも施してくれます。結婚してからも、結婚指輪は更に進化できるのです。