結婚指輪をアレンジ

結婚するにあたって必要になってくる結婚指輪。デザインだけでも数え切れないほどありますが、一生残るものですし世界に一つの自分だけの結婚指輪だと素敵ですよね。一般的なデザインの指輪にも、少しアレンジを加えるだけで世界に一つのオリジナルの指輪を作れたりします。

定番なのは、リングの裏に彫りを入れること。多いのはお互いの名前や記念日の日付を入れたりしますよね。他にも子供を授かっている夫婦であれば子供の名前を刻んだり、パートナーへ送るメッセージを刻んだりします。また文字だけではなく、模様やお花などのデザインを彫ってもらうことも。店舗によっては、無料で掘ってくれるところもあるので嬉しいですね。

またリングの裏側にはメッセージの変わりに刻印ではなく小さな宝石を埋め込むアレンジも人気になっています。はめてしまえば見えない部分ではありますが、ふと外した時に見える宝石は美しく可愛らしいデザインです。多く使われるのがブルーサファイヤ。これは花嫁が結婚式に青いものを身につけるおまじないで、このサファイヤをお互い指輪に飾ることで幸せになれるといわれています。

婚約指輪にはダイヤがあしらわれているものが多いですが、普段身につける結婚指輪にはプラチナなどでシンプルなデザインのものが多く、装飾品はあまり見受けられません。そこでそのシンプルな指輪に小さなダイヤモンドを飾るアレンジもお勧めです。ダイヤが付いている結婚指輪は簡単に外れてしまわないように配慮されています。そのため普段の生活で取れてしまうということはないでしょう。